CNCボーリング フライス盤 TUD
縦型激しい使用に耐える高精度

CNCボーリング フライス盤
CNCボーリング フライス盤
CNCボーリング フライス盤
CNCボーリング フライス盤
CNCボーリング フライス盤
CNCボーリング フライス盤
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

コマンドの種類
CNC
主軸オリエンテーション
縦型
応用
激しい使用に耐える
その他の特徴
高精度, コラム型, 高性能, 2軸, 高剛性
X軸移動距離

最大: 1,370 mm
(54 in)

最少: 630 mm
(25 in)

Z軸移動距離

800 mm, 1,050 mm
(31 in, 41 in)

出力

37 kW, 45 kW
(50.30598 hp, 61.18295 hp)

詳細

ターニングの高能率加工に対応、さらに充実したCNC立旋盤 機械の主な特長 高精度、重切削を保証 熱対称設計で厚肉高級鋳物のコラムとヘッドを採用しました。 工具自動固定機構を内蔵 刃物台は220mmの角ラムを4面からしっかり支える一体構造。 加工物の高さにスピーディに対応 横けたは250mmステップで最大500mm(TUD-20:750mm)上下移動できる、 ステップポジション機構を備え、加工物の高さにスピーディーに対応します。 省力化、自動化を推進 特別付属品として自動パレット交換装置(APC)を組み込むことにより省力化・自動化を推進します。 高機能を支える機械の特長 テーブル テーブルおよびベッド 本機の主要構造部品はすべて厚肉高級鋳物を使用しています。テーブルは十分な剛性と寸法があり大径スラストボール軸受とテーパコロ軸受で支持されており、高速、重切削にも十分耐え、高能率な加工ができる構造になっています。テーブル上面には独立式手動四ッ爪の案内と、工作物の締付に使用するTミゾが配置されています。また、合理的にリブ配置された熱対称設計のベッドと標準装備の潤滑油冷却装置により、熱変形を最少におさえています。ベッド後部はコラムと締結されており、テーブル駆動機構が組込まれておりテーブルを強固に支えています。

カタログ

この商品のカタログはありません。

Shibaura Machineの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。