1. 動力・機械部品
  2. ベアリング・リニアガイド
  3. 円筒ころ軸受
  4. Schaeffler Technologies AG & Co. KG/シェフラー

円筒ころ軸受 SL01 series
ラジアル軸流2 列

円筒ころ軸受
円筒ころ軸受
円筒ころ軸受
円筒ころ軸受
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

回転部品
円筒ころ
構造
ラジアル, 軸流, 2 列
素材
スチール製
その他の特徴
保持器付き, 止め輪付, ジョイント直径, 縁付
内径

最少: 75 mm (2.953 in)

最大: 710 mm (27.953 in)

外部の直径

最少: 160 mm (6.299 in)

最大: 1,150 mm (45.276 in)

最少: 55 mm (2.165 in)

最大: 345 mm (13.583 in)

詳細

スナップリングの溝が付いている完全な補足の円柱ローラーベアリング スナップリング溝付き円筒ころ軸受は、リブ付きのソリッド外輪と内輪、リブガイド付き円筒ころとシールリングで構成された総ころ複列ユニットです。外輪には、リングを保持するためのスナップリング溝があります。内輪は、軸方向に分割されており、外輪よりも1mm幅が広く、ロールイン鋼帯で保持されています。 ベアリングの位置決め スナップ リングの溝が付いている円柱軸受は軸受けを置くことです。これらのベアリングは非常に剛性が高く、両方向の軸力だけでなく、高いラジアル力をサポートすることができます。 完全な総ころ設計により、可能な限り多くの転動体を備えているため、最大の基本動定格および静定格荷重を有しています。しかし、運動学的条件により、保持器付き円筒ころ軸受を使用した場合に可能な高速回転数を達成することはできません。 ケーブルシーブ用軸受 外輪に溝があるため、ベアリングリングは簡単に軸方向に配置することができます。したがって、このベアリングはケーブルシーブベアリングの配置に非常に適しています。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。