複動式油圧ちょうつがいクランプ B1.8251コンパクト

複動式油圧ちょうつがいクランプ
複動式油圧ちょうつがいクランプ
複動式油圧ちょうつがいクランプ
複動式油圧ちょうつがいクランプ
お気に入りに追加する
比較検索に追加する
参考価格 

特徴

その他の特徴
複動式, コンパクト

詳細

ヒンジクランプ 利点 ● コンパクトな設計 ● ボディの部分的に整流可能 ● パイプねじまたは穴あけ された溝を介して交互にオイル供給 ● 治具の負荷とアンロードを妨げない ● クランプレバーを小さな凹部に旋回可能 ● 側負荷なしのクランプ可能 ● 長い ワークピースに適応可能なクランプ レバー機構 ● クリーニングが容易 ● 標準的 な金属ワイパーエッジ ● 標準 FKMシール ● クランプ位置とクランプ範囲の誘導または空気制御オプション ヒンジクランプは、多くの取り付けと低コストの油圧クランプ要素です と可能性を接続します。 クランプレバーが完全に引き込まれている場合、治具の妨げられない荷重および荷降ろしを行うことができる。 クランプ面としては、クランプレバーよりも少し広い、ワークピースのクランプ凹部で十分です。 特殊なキネマティクスにより、変形に対して非常に敏感なワークピースの側面荷重がほとんどなく締め付けることができます。 金属ワイパーエッジとオプションの位置監視付き 二重作動 最大動作圧力 250バール クランプ力:4-21.5 kN 使用可能なクランプストローク:4.0-9.0 mm アドム流量 15.7-55 cm³/s

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Römheld GmbH Friedrichshütteの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。